サービス内容-3

Our service

3

通信環境に応じたメニューの自動表示ができる

Fammランチャー

Fammランチャーは通信環境(有線LAN / Wi-Fi / SIM / オフライン)に応じて、利用できるメニューを自動で切り替えることが可能なソフトウェアです。OSカスタマイズサービスと併せてご利用いただくことで、誤操作を防止、不要な操作を制限することが可能となります。また、設定ツールを用いて、メニューのレイアウトや配色を設定することができます。

詳細1 アイコンを選択してアプリケーションを起動

Fammランチャーで制御されているパソコンのユーザーインターフェイスはわかりやすいアイコンが配置されています。ユーザーは、PCを立ち上げた後、すぐに必要なアプリケーションにアクセスすることができます。

詳細2 サイズや表示位置の設定が可能

ランチャーの画面表示サイズは、任意の大きさで設定することができます。

また、起動時の表示位置については、中央/右上/右下/左上/左下から選択することができます。

画面中央表示

画面サイズ:任意

画面右下表示

画面サイズ:任意

詳細3 利用シーンにあわせた設定が可能

case1

オフライン時に動作を制限する

ネットワークに接続されていない場合は、特定のアイコン表示を制限し、作業が行えないようにします。

​ネットワークに接続されている時

​ネットワークに接続されていない場合

case2

SIM利用時はVPNへ接続させる

SIM接続の際にVPN接続のためのアイコンを表示します。

SIMに接続されている時

SIMに接続されていない場合

case3

ShellLauncherとの組み合わせでKIOSK端末に

Windows10 IoT Enterprise の標準機能である、ロックダウン機能のShellLauncherと併用することで、端末起動時にFammランチャー以外を画面上に表示させないように制御します。

SIMに接続されている時

ライセンスについて

ランチャー本体のライセンスは、ご使用になる端末台数分必要となります。お客様自身でランチャーメニューの作成、修正を行われる場合は、管理用ライセンスが1つ必要となります。

まずはお気軽にご相談ください

電話またはメールでいつでもお問い合わせください。

famm-std_1000px.gif

Nexterm は株式会社ファムのシンクライアントブランドです。